トッププロスペクト英国人ボクサー ジョシュ・ケリー

Pocket

最近、ボクシングが最も熱い国、英国。

アンソニー・ジョシュアをはじめ、カール・フランプトン、ライアン・バーネット、マイケル・コンランなどなど実力者がそろっています。

 

その中で、今回私が紹介したいのはジョシュ・ケリー。

多くのメディアで「トッププロスペクト」とされてい英国人ボクサーです。

 

1.アダム・ブースのお墨付き

Adam Boothさん(@boxingbooth)がシェアした投稿

ジョシュ・ケリーの紹介の前に、少しアダム・ブースのお話をさせていただきます。

 

アダム・ブースというのは、英国のボクシングトレーナー。

おそらく今一番有名なトレーナーでしょう。

 

デビッド・ヘイのトレーナーをしたことで、一気にその名が知れたと思います。

デビッド・ヘイは、クルーザー級でWBA、WBC、WBOを統一し、ヘビー級でも王者を獲得したイギリスの名王者です。

 

デビッド・ヘイだけではありません。

ジョージ・グローブス、ダニー・ウィリアムス、ゲイリー・ローガンなどを育て上げた名トレーナです。

 

トレーナーの割に前に出てくるタイプで、ニックネームは「Dark Lord」日本で言えば「悪の権化」!

 

歯に衣着せぬ物言いをするそうですが、トレーナーとしての腕はたしかのようです。

 

現在、ブースが手掛けているのがWBSS出場のライアン・バーネット、最も成功した英国アマチュアボクサーと言われているマイケル・コンラン、そして、ジョシュ・ケリーです。

 

様々なトップボクサーを育ててきたブース曰く、このジョシュ・ケリーが最高傑作との事。

 

ジョシュ・ケリーを見たのは、YOUTUBEで「Top Prospected in 2018」(2018年期待のボクサー)を見てから。

 

やはり凄いです。

魅せてくれます。

それでは、彼のプロフィールとともに、どんな試合をするのか見ていきましょう。

 

2.ジョシュ・ケリー来歴

Joshua Kellyさん(@joshkelly07)がシェアした投稿

1994年生まれ、現在24歳のイギリスのサンダーランド出身。

リオ五輪に出場したオリンピアンです。

メダルは取れませんでしたが、ベスト16まで残った選手です。

 

現在7戦7勝5KOのウェルター級世界ランカー。

WBAインターナショナルのウェルター級ベルトを保持しています。

 

まだ7戦、相手は名も実力も不満足な選手だけですが、リング上でのパフォーマンスはボクシングファンの目を惹きます。

 

「あのスタイルでは世界トップには通じない」

と言う識者、ファンもいますが、魅力的なのは間違いないですし、現に彼のスタイルでリオ五輪まで出場した選手です。さらにアダム・ブースお墨付き。

 

では、彼のスタイルとはどのようなものでしょうか?

 

一言で言えば、ノーガード。

ナジーム・ハメドの再来とよく言われますが、あそこまでトリッキーなものではなく、どちらかというとロイ・ジョーンズの方がまだ近いですね。

 

さらに、同じイギリスのライアン・バーネットにも似ています。

ケリーバーネットのレベルをさらに上げたような選手です。

 

ノーガードに加え、巧みなフットワークで様々な角度への移動が可能。

接近戦でもノーガードスタイルを崩さず、さらにそこから攻撃に繋げることが出来ます。

オフェンス面で秀逸なのは左フック。

3戦目のトム・ウィットフィールド戦では、左フックを5連発で打ち込み、なぎ倒すようなダウンを奪いました。

 

元IBF王者カルロス・モリナには判定ながらフルマークの勝利をおさめ、WBAインターナショナルウェルターのベルトを獲得しており、現在防衛を一度しています。

 

ジョシュ・ケリーは世界王者になりえるか?

Joshua Kellyさん(@joshkelly07)がシェアした投稿

ケリーの階級は今ウェルター。

今ウェルターの王者群はどんな選手がいるかというと、キース・サーマン、マニー・パッキャオ、エロール・スペンス・ジュニア、そしてテレンス・クロフォード。

 

ケリーのスタイルでは、王者になれないというファンが多いのは、この理由からです。

今ケリーの驚異的なディフェンステクが披露できるのは、対戦相手のレベルの低さのため。

今まで8回戦と10回戦のみなので、この批判はあってしかるべきですが、ハメドやロイ・ジョーンズに対してもこの手の批判はあったはず。

ケリーには是非頑張ってほしいです。

 

今いる王者達には敵わなくとも、現在WBCは空位。

ケリーのプロモーターはエディ・ハーン率いるマッシュルーム・スポーツ。

かなり保守的なマッチメイクをすることで有名です。

王者決定戦で下位ランカーとの対戦であれば、ベルトを巻ける可能性もあります。

 

7戦のうち苦戦をしている場面も全くなく、完全に自分のパフォーマンスを出来ています。

カルロス・モリナも弱い選手ではない。

 

今後はより名前のある選手との対戦が欲しいですね。

とは言っても、イケメンだしマッシュルームスポーツとしては大事に育てたい選手でしょうから、少し待つ必要があるかもしれませんね。

 

まとめ

 

以上、ジョシュ・ケリーの紹介をさせていただきました。

まだ7戦目なので、実力のほどは分かりませんが、今後トップランキングに入ってくることは明らかです。

 

階級は最激戦区のウェルター。

英雄パッキャオをはじめ、スーパーライト4団体統一王者のクロフォードもいます。

 

ここにケリーがいかにくい込んでいくか。

あのノーガードスタイルで上位ランカーを翻弄できれば、彼は本物です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です