ライアン・ガルシアの試合戦績…米国期待の選手!!

Pocket

今回は、現在米国期待のホープ、ライアン・ガルシアに関して書いていこうと思います。

ボクシングの各プロモーターは、市場の活性化を図るため、日々新しい選手の発掘にいそしんでいます。

例えば、ジョシュ・ケリー、フェニックス・ベルデホなどなど、魅力的な選手は「Top Expected(最も期待大)」として列挙され、多くの注目を集めます。

ライアン・ガルシアもその一人。

では、彼の紹介と、将来王者になれるか否かに関して考察していきます。

スポンサーリンク

「王者の風格」ライアン・ガルシアの戦績

 

Ryan Garciaさん(@kingryang)がシェアした投稿

ライアン・ガルシアは1998年生まれの20歳。なんとも若いですね。

しかし、そのニックネームは「Kingly」つまり王者の風格です。

 

現在まで15戦15勝13KOのパーフェクトレコード。

ちなみに兄のシェーン・ガルシアもボクサーです。

 

国籍はメキシコ系アメリカ人。それらしい顔をしています。身長は178cn、スーパーフェザーであれば大きい方ですね。

 

今まで対戦した選手に対しても、打ち下ろしのパンチがよくきまっているようで、体格の利を活かせています。

 

特筆すべきはそのパンチスピード、特に左ジャブ。これは天下一品です。

SNSにも自身の練習動画をよくあげているので、見てみてください。

 

パンチングボールのトレーニング動画を見ると、かなりのスピードです。これまでの試合を見ても、パワーで勝負する選手ではなく、パンチの切れ味でKOを積み上げてきたといえるでしょう。

 

さらに、やはりイケメン

イケメン好きのGBPゴールデン・ボーイ・プロモーションが好きそうな選手です。

 

ちょっと余談。アメリカには大手プロモーターとして、ボブ・アラムのTopRank、メイウェザーのメイウェザープロモーション、デラホーヤのGBP等々ありますが、それぞれのプロモーション会社にも特徴があります。

 

かなり大まかですが、TopRankはアマ実績抜群の本格派、メイウェザープロモーションはバネのある黒人ファイター(若干ワルめ)、そしてGBPはボクシング技術はもちろんの事、マスクも良い選手を取りがちです。

 

ライアン・ガルシアが所属するのはGBP。GBPの重鎮デラホーヤにかなり大事に育てられてるみたいです。今は経験を積ませている段階ですね。

 

アマ実績もやはり素晴らしく、ESPNによれば215勝15敗。

現在は、WBC傘下の地域タイトルである、NABFとNABOのスーパーフェザー級王座を持っています。

 

それでは、過去の数試合からその特徴、将来世界王者になれるか否か探っていきましょう!

スポンサーリンク

ライアン・ガルシアこれまでの試合と、将来の可能性

 

Ryan Garciaさん(@kingryang)がシェアした投稿

ハンドスピードは言う事なし。

現在スーパーフェザーにはガーボンタ・デービス、ミゲル・ベルチェルト、デヴィン・ファーマー、伊藤雅雪が王者の椅子に座っていますが、そのどれよりもスピードは上です。

 

現在WBC33位にランクされているみたいですが、スピードに関しては王者クラスと見ていいでしょう。

 

そのハンドスピードを活かしたカウンターも美技。

相手より後に手を出しているのにもかかわらず、先にガルシアの拳が相手に届いてます。まさに後の先!

 

スピードと彼のリーチの長さがなせる技ですね。

カウンターが綺麗に決まった試合は、まず対デボン・ジョーンズ戦。

明らかに実力差があったので、デボン・ジョーンズが下を向いて滅茶苦茶に打ってくるシーンが多かったのですが、その1本に合せてカウンター!

 

バックステップからの右フックカウンター、結構難しいと思いますが、何発も決めていました。

 

同様にバックステップしてからの左フックカウンターが決まったのが対セサール・バレンズエラ

相手も背丈があったので、ひじを上に向けての難しいカウンターフックです。

 

ストレートカウンターも素晴らしい。

ミゲル・カリゾサ戦で見せたストレートカウンターは本当に最短距離で出たパンチでダウンを奪いました。

 

パンチスピードと、それを活かしたカウンターもチャンピオンクラス。これは文句なしでしょう。

 

では、課題も。

 

上述のダウンを奪っているカウンターですが、それで試合を終わらせることが出来ているものは少ないです。

何が言いたいかというと、つまりパワー不足

 

スーパーフェザーにしては背丈がありますが、パワーがない印象です。

体つきを見ても、20歳だから仕方ないといえばそうですが、少しぶよっとした感じ。

 

同じ階級にいるデービス、ベルチェルト、伊藤、過去には内山や三浦もいましたが、パワーでは彼らに劣っていますね。

 

そうは言ってもパワーに関しては今後いくらでも伸びると思うので、そこまで心配の必要はないでしょう。

 

もちろんパワーが他の選手と比べ全くないというわけではないので、贅沢を言えばパワーが欲しいといった感じです。

 

このパワーがないという短所を目立たせることになったのが、直近の試合の対ジェイソン・ペレス戦。

初の判定まで10ラウンドを体験しました。

 

べレスはこれまで5敗していますが、KO負のない選手。

しかし、Top Expectedの一人ガルシアであれば期待も大きいです。

いきなりの右もガード越しではあるものの相手をぐらつかせており、ダッキングもうまい。

ここまで差を見せつけるなら、ラストにはKOがしてほしいですね。

 

パワーの他にも、もう一つ。

強敵との対戦がまだないという事。

これゆえに、ガルシアが世界王者になれるのかというと、「?」のつく識者が多いです。

 

GBPに大事に育てられているので、仕方のない事ですが、そろそろ強敵との試合が見たいと思います。

 

まだ早いかもしれませんが、本人はしきりにガーボンタ・デービスとの試合を要求しています。

まだWBC33位なので、権利はありませんが、トップコンテンダーには食い込んでくるでしょう。

 

ハンドスピード対ボディスピードの図式となりますが、大事に育てられたガルシアと、荒々しいデービスという性格の違いも楽しみですね。

 

まとめ

 

今回は米国ボクシング注目の選手、ライアン・ガルシアに関してまとめさせていただきました。

まだ強敵との試合がなく、いまだガルシアの良い面しか分かりません。

 

スピードとそれを活かしたカウンターは一級品ですが、パワー・体つきが少し寂しいかなといったのが印象です。

 

とはいってもまだ20歳になったばかり。選手生命はまだ長いです。今後のパフォーマンスに注目しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です