WBSSボクシングで井上尚弥がバンタム級で優勝する可能性

Pocket

先日のWBA世界バンタム級のタイトル戦で、王者・マクドネル選手を余裕の 1ラウンドTKOで沈めた怪物・井上尚弥選手。

今後の躍進が期待される日本人ボクサーの中でもその注目度はダントツ。

端正な顔立ちから、メディアなどでもよく目にする井上選手、恐らくほとんどの日本人が、日本人ボクサーといえば?と聞かれればこの井上選手かミドル級の村田選手を答えるでしょう。

そんな国内でも大人気のボクサー井上選手ですが、ボクシングは世界的なスポーツです。

その歴史は古く、当然ですが日本以外にも素晴らしい選手はたくさんいて、むしろボクシングの本場は日本ではなく「アメリカ」なのです。

もちろん、アメリカ以外でもイギリス・メキシコ・東南アジアでも強い選手はいっぱい出てきます、要は日本以外にもボクシングの盛んな環境はいっぱいあるよ。ということです。

「モンスター」「怪物」「強すぎる」など様々な言われ方でその実力を形容される井上選手ですが、この「世界的視点」で見てみると一体井上選手ってどのくらい強いの?凄いの?

こう聞かれると、以外とはっきり答えられる人は少ないのではないでしょうか?

実は今年、この疑問にバッチリ答えてくれるであろう世界的ボクシング大会が開催されることになりました。それは「WBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)」です。

2回目となるこのWBSSに今回からバンタム級が設置されることになり、この井上選手含め世界的なバンタム級の猛者が「真の世界一」と「破格外の賞金」を目指し、大会に参加することになりました。

今回はこのWBSSボクシングのバンタム級事情、そして井上選手が優勝する可能性について語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

世界のバンタム級戦線

ボクシング界の「ワールドカップ」と呼ばれるWBSS

サッカーに階級はありませんが、ボクシングには階級があります。

そんなWBSS昨年の第1回目では、クルーザー級、スーパーミドル級の2階級で開催されました。

ちなみに、昨年と言っても決勝はまだ行われておらず、2018年6月に決勝が開催され、真のチャンピオンが決定する予定です。

そんな WBSS、先にも書いた通り今年の第2回目ではバンタム級が追加されます。

そしてそのWBSSバンタム級に日本の井上選手が正式に参戦することになりました。

果たして、井上選手はどこまで勝ち上ることができるのでしょうか?

そこで大事になるのは、現在のバンタム級事情、井上選手は現在どの位置にいて、井上選手が優勝できる可能性はあるのでしょうか?

語っていきましょう。

バンタム級…世界の最新ランキング

まずはわかりやすいところで、ホクシングをとりまく各メディアが発表している最新ランキングを見ていきましょう。

先にも書いた通り、ボクシングの本場、ボクシングを世界的に見ればその中心は日本ではなく「アメリカ」です。

今回は「ESPN」というアメリカのスポーツ大手メディアのランキングからバンタム級事情を紐解いていきましょう。

ESPNはアメリカの大手中の大手、40年の歴史があるスポーツ全般をアメリカ全土へ放送するケーブルテレビ局です。

なんとアメリカ全土の契約数はおよそ9000万件を超え、アメリカにある80%のテレビがこのESPNと契約しているのですから驚きですね。

スポーツビジネス大国のアメリカでここまで大きなスポーツ専門テレビ局ですから、その情報蓄積量たるやすごいものでしょう。

そんなESPNは、独自にプロボクシングの各階級ごとのランキングを発表しています。

独自なので、現在のボクシング4団体(IBF,WBC,WBA,WBO)のベルトやランキングは関係ありません。

さて気になるバンタム級のランキングで井上選手はいったい何位なのでしょうか?

ズバリ井上選手は。。。。なんと2位です!

この順位だけ見るだけでも、もう日本の井上ではなく「世界のイノウエ」だということがわかりますね!

ここで気になるのが、バンタム級の1位は誰なの!?

なんと1位はルイス・ネリ選手です。

日本のボクシングファンならこの名前は覚えてますよね!

山中選手との引退試合を行い、前日計量で一悶着起こした話題のボクサーです。

計量の問題はさておき、やっぱりこう見るとネリ選手の実力は本物だったんですね。

山中選手も試合自体は、「ネリが僕より強かったから負けた、それだけのこと」と実力ははっきり認めていますからね。

ルイスネリと井上尚弥が試合をしたらどっちが強い?徹底予想

では3位は誰なのか?

3位はゾラニ・テテという南アフリカ共和国の選手です。

zolani teteさん(@zolanitete)がシェアした投稿

現在WBOのバンタム級王者で、王座初防衛戦で11秒KO勝利をやってのけ話題になりましたね。

続いて4位はイギリスのボクサー、ライアン・バーネット選手。

Ryan Burnettさん(@ryanburnett_1)がシェアした投稿

現在WBAバンタム級のスーパー王者です。

一応、スーパー王者なので単純な位的には井上選手の格上ということになりますね。

ちなみにバンタム級の中でよく話題に上がるマヌエル・ロドリゲスというプエルトリコの選手、この選手は6位です。

Emmanuel Rodriguezさん(@manny_boxeo7)がシェアした投稿

このランキングからズバリ言いましょう!

井上選手はWBSSで十分優勝できる可能性を持っています!

むしろ優勝できる可能性・大です!

ぜひ、今後のWBSSバンタム級参戦選手発表にも注目しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です