ライジン(格闘技)2018の日程と注目カード

Pocket

2015年の大晦日に産声をあげた日本の格闘技イベント「ライジン」

かつてのPRIDEやK-1といった格闘技全盛の時代から長い年月が経っている現在ですが、ライジンにはかつての格闘技黄金時代の再来をどうしても期待してしまいますね。

そんなライジンも立ち上げから3年目に突入し、まさにその真価を問われる大事な時期に差し掛かっていることは間違いありません。

そういった意味でも、この2018年はライジンそのものにとって非常に重要な1年になりそうです。

今回はそんな格闘技イベント「ライジン」の2018年スケジュール(試合日程)や注目カード、選手などについて語ってみたいと思います。

スポンサーリンク

2018年のスケジュール(試合日程)について

まずはライジンの最も近々に実施された試合について簡単に振り返ってみましょう。

最新のライジンは、2018年5月6日(日)RIZIN.10で、マリンメッセ福岡で開催されました。

このRIZIN.10、なんといっても衝撃的だったのはメインイベントである堀口恭司選手vsイアン・マッコール選手の試合

元UFCのトップランカーであるマッコール選手を相手に、なんと「9秒」という堀口選手の秒殺KO勝利は、格闘技界全体に衝撃を与え、堀口選手の株を一気に上げました。

と同時に堀口選手の今後の言動や試合がライジンの台風の目となる、そう言って良いくらいRIZIN.10は堀口選手がその話題をかっさらってしまった大会だったと言えるでしょうね。

そんな訳で次回はRIZIN.11となるわけですが、RIZIN.11は2018年7月29日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催されます。

このRIZIN.11について5月16日に公式記者会見が行われました。

現在オープンになっている対戦カードは、スペシャルワンマッチ「堀口恭司vs扇久保博正」の試合のみです。

また参加選手についてはミルコ・クロコップ選手の正式参戦が決定しているのみです。

本番に向けて徐々に情報は公開されていくでしょう。

2017年大晦日に日本女子格闘技の絶対エース「RENA」から大金星の一本勝ちを奪った麻倉カンナ選手や、同じくあの火の玉ボーイ「五味隆典」選手から三角絞めで勝利を奪った矢地祐介選手など今後の日本格闘技界を背負う若い世代もどんどん出てきています。

RIZIN.11、是非堀口選手も含めて彼らの対戦カードや試合についても期待したいところですね!

ではRIZIN.11以降のスケジュールはどうなっているのか見ていきましょう。

以下のスケジュールで2018年のライジンは進んでいくようです。

RIZIN.12  2018年8月12日 会場:愛知県体育館

RIZIN.13  2018年9月30日 会場:さいたまスーパーアリーナ

RIZIN.14  2018年12月31日 会場:さいたまスーパーアリーナ

毎年恒例とはなっていますが、やはり大晦日に向けて盛り上がりのクライマックスを持っていくという感じでしょうか?

榊原実行委員長や高田本部長が一体何を企んでいるのやら、今のうちから気になってしまいますね。

スポンサーリンク

ズバリ2018年の注目カードは?

先日のRIZIN.11の公式記者会見後の囲み取材で、ライジンの代表榊原信行RIZIN実行委員長が、とても興味深いRIZINの今後の構想についてインタビューで語っています。

それはRIZIN内で行われる「立ち技世界最強決定トーナメント(仮称)」についてです。

というのも先日のRIZIN.10メインイベントにおいて秒殺勝利を収めたRIZINのエース堀口恭司選手が、同じくRIZINの立ち技のエース那須川天心選手に対して、対戦要求を出したのです。

那須川天心さん(@tenshin.nasukawa)がシェアした投稿

これにより、誰もが認めるRIZINの2大エースが直接対決する可能性が格段に現実味を帯びてきました。

そして、榊原実行委員長は、この2人を上で述べました「立ち技世界最強決定トーナメント(仮称)」に出場させ、この全格闘技ファン注目の夢の対戦カードをトーナメント内で実現させようと言うのです。

実現させようと言うより、那須川選手と堀口選手はこの立ち技トーナメントに出場することが既に正式に決定しているので、トーナメントの組み合わせによっては十分激突の可能性はあると言えるでしょう。

この立ち技トーナメントは9月開催のRIZIN.13、大晦日に開催のRIZIN.14の2回に分けて実施される予定です。

このトーナメントは8人制のトーナメントでRIZIN.13では1回戦、大晦日RIZIN.14で準決勝・決勝が行われるようです。

立ち技と総合格闘技(MMA)、那須川天心と堀口恭司は間違いなく、軽量級においてそれぞれの2大巨頭です。

ここまで才能、戦績、スター性に特化したすごい二人が対戦するカードは近年の日本格闘技界ではあまりありませんでしたし、大晦日に向けこの2人の対決が台風の目であり続けることは間違いありません。

ぜひそんな目線で、次回以降ライジンの動きを注目してみてみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です