ライジン(格闘技)7月29日五味隆典vsアンディ・サワー徹底予想

Pocket

日本の総合格闘技界において、知名度・規模ともに最も大きな団体となった「ライジン」。

そんなライジン、次回は「ライジン11」となりますが、実は次回のライジン開催に大変大きな注目が集まっています。

というのも 2000年代から格闘技を追いかけているファンにとっては最高の対戦カードが発表されたからです。

それは「五味隆典vsアンディー・サワー」という夢のようなカード。

しかもルールはMMA(総合格闘技)ルールです。

「天下無双の火の玉ボーイ」の愛称で当時のPRIDE武士道で無敵を誇った五味選手。

中量級の打撃格闘技では当時最高峰の舞台であったK-1ワールドマックスで2回もチャンピオンに輝いたサワー選手。

今回は7月29日さいたまスーパーアリーナで行われる「ライジン11  五味隆典vsアンディー・サワー」の試合について語ってきたいと思います。

スポンサーリンク

五味隆典、アンディー・サワー 最近の戦績

五味隆典選手とアンディー・サワー選手って最近試合してるの?

どんな団体の試合に出てるの?戦績はどうなの?

今回のこの対戦カードを聞いて多くの人がまず気になるとこだと思います。

PRIDEやK-1の最盛期を過ぎ、一般メディアにはその当時よりも登場の機会が少なくなってしまった2人ですが、まずは二人の最近の戦績や活動についてご紹介したいと思います。

五味隆典選手の戦績

五味隆典さん(@takanorigomi)がシェアした投稿

最初に五味隆典選手ですが、五味隆典選手の試合で最近メディアに大きく取り上げられたのは、2017年大晦日のライジンでの試合でしょう。

惜しくも負けてしまいましたが矢地選手とのファイトでも、相変わらずの「スカ勝ち」を狙いにいくアグレッシブなファイトスタイルは健在でしたね。

PRIDEで一躍有名になった五味選手ですが、2007年のPRIDE消滅後は「戦極」という日本の格闘技興行に戦いの場を移しました。

戦極でも相変わらずの強さを発揮する五味選手でしたが、2009年戦極のライト級チャンピオンを決める試合で日本の「北岡悟」選手にまさかの一本負け

殴って殴って倒すアグレッシブなスタイルが特徴の五味選手ですが、アキレス腱固めでタップする姿は衝撃的でした。

私もよく覚えています。

この試合は五味選手のキャリアの中で一つの転換期になったかもしれません。

その後2010年1月にUFCへの参戦を発表しますが、UFCでの試合結果としては負けの試合が多く続く内容となってしまいました。

しかし、五味選手の凄いところはそのKOを狙いにいくアグレッシブなスタイルを一切崩さないことです。

今年で40歳となる五味選手ですが、やはり年齢の衰えは隠せません。

それでも五味隆典ここにあり!という往年のファイトスタイルは見ていて興奮を抑えることはできません。

例えピークを過ぎてもいつまでも五味の試合がみたいと思わせるのは、五味選手がもはや伝説・レジェンド的な選手である証拠でしょう。

アンディー・サワー選手の戦績


続いてアンディー・サワー選手。

サワー選手のキック・打撃におけるキャリアを改めて説明する必要はないでしょう。

K-1ワールドマックス全盛期における魔裟斗選手、ブアカーオ選手らと行った試合は、後世まで受け継がれる死闘になり、記憶に残っている方も多いでしょう。

そんなサワー選手ですが、実はもともとシュートボクシング出身の選手です。

格闘技好きでない限りこのシュートボクシングについて詳細を知っている方は少ないかもしれませんが、このシュートボクシング、k-1などのキックボクシングとは明確な違いがあります。

それは立ち技状態での関節技、あるいは投げ技が認められているのです。

立ったまま、ひじ関節を極めたり、フロントチョーク(首絞め)が繰り出されるのはよく見るシーンです。

しかもサワー選手自身もすでに総合格闘技戦を5戦経験しており、今回五味選手との試合は総合ルールですから、打撃選手が覚えたての総合ルールで戦うのとは訳が違います。

五味選手も総合格闘技の選手ですが、基本は打撃で勝負する選手、どんな試合展開になるのでしょうか。気になるところです。

スポンサーリンク

気になる試合展開を予想!!

さてそんなそれぞれのジャンルで頂点を極めた両選手、気になるのはどんな試合展開になるのか?というところ。ちょっと分析してみましょう。

個人的に試合で最も重要となるポイントは、

「五味選手が立った状態での殴り合いにこだわるか」

という点です。

壮大な殴り合いをしてくれれば、これほど盛り上がることはないでしょう。

しかし、立った状態での殴り合いでは(ラッキーパンチは除いて)残念ながらサワー選手に軍配があがることは間違いありません。

立った状態の殴り合いあいにこだわらず、相手をテイクダウンさせての打撃(パウンド)は五味選手の大得意なパターンです。

このパターンになれば五味選手の勝利の可能性はぐっと上がります。

しかしサワー選手もそれは十分承知しているので、投げ技やタックル対策は十分にしてくるでしょう。

ズバリ今回の試合結果予想は6:4でサワーの勝利!です。

なぜなら、上記にも説明したサワー選手はもともとシュートボクシングのチャンピオンです。

投げ技があるシュートボクシングで、いかに倒されないかは十分体に染み込んでいるはず。

未知のタックル対策さえ完璧に行えれば、かなりサワー選手有利の試合となるでしょう。

といいつつあくまでこれは予想です。

どんな試合展開になろうとも盛り上がる一戦になることは間違いありません。

日本人としては五味選手のスカ勝ちを期待したいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です