石岡沙織の戦績と強さの秘密

Pocket

来る7月29日のライジン11では、石岡沙織選手vs山本美憂選手という注目の対戦カードが発表されています。

ママさんファイター同士の対決としても注目を集めるカードですが、どうしても知名度のある山本美憂選手に注目が集まってしまいがちです。

実は対戦の相手の石岡選手、日本女子格闘技界ではキャリアも長く、実力・ルックスともに「ジョシカク」を引っ張ってきたエースでもあります。

今回はこの石岡沙織選手の方に注目し、そのファイトスタイルや強さの秘密について迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

石岡沙織選手のプロフィール

石岡沙織さん(@saori_ishioka_mma)がシェアした投稿

まずは簡単なプロフィール紹介から行きましょう。

石岡沙織選手は、スマックガール、JEWELSなどで長いキャリアを積んだベテランのMMAファイターです。

今年で31歳となりますが、戦い方の特徴はとにかくアグレッシブの一言に尽きます

基本は打撃で攻めるタイプの選手ですが、関節技や絞め技などにも十分に対応できる選手でもありまさにトータルファイターです。

そんな石岡選手の格闘技のバックグラウンドについて調べてみると、石岡選手は「禅道会」と呼ばれる空手の総合格闘技団体に所属しているようです。

石岡選手の強さの秘密に迫るためには、この禅道会について調べる必要がありそうです。

禅道会とはどんな団体なのか、どんなルールで戦っているのか、どんな練習をしているのか、それがわかれば石岡選手の強さの秘密も分かるはずでしょう。

禅道会とは

まず根本的に理解しなければいけないのは、禅道会とは「武道」の流派であるということです。

現在多くの総合格闘家やファイターは「ジム」と呼ばれる形態の団体に所属していることが多いですが、禅道会とは武道であるため、

「リングの上で戦う競技としての総合格闘技」

のみを目的とした団体ではないということです。

そのことが最も顕著にわかる例として、禅道会の行っている試合スタイルが挙げられます。

禅道会の試合・練習は基本的に道着を着ているのです。

つまり着衣で行われます。

また空手を基本としているものの「総合武道」であるため、投げ技や関節技、はたまた頭突きや金的などの攻撃もルール上認められています。

またもう一つの大きな特徴として顔にヘッドギアを着け試合を行うことが挙げられます。

ヘッドギアの装着により、禅道会での試合は両者ともとてつもなくアグレッシブな試合展開になることが多いです。

直接顔面にパンチをもらったりする危険性はありませんが、そのぶん頭突きなどのライジンなどでは禁止されている攻撃も飛んでくる可能性もあります。

石岡選手が見せる怒涛の攻めや負けん気の強さは、この禅道会の練習や試合に由来している部分が大きく、強さの原点でもあるのです。

スポンサーリンク

気になる石岡選手の戦績は?

石岡沙織さん(@saori_ishioka_mma)がシェアした投稿

さて、そこで気になるのが石岡選手のこれまでの戦績。

調べたところ、総合格闘技での石岡選手の戦績は26戦15勝11敗ということだそうです。

結果だけみれば、圧倒的な強さを誇るとは言えませんが、とにかく石岡選手の試合内容は「攻撃重視」

諸刃の剣という言葉がありますが、見応えのあるアグレッシブな試合をしてくれる反面、その隙を突かれ一本を取られてしまう試合も多いというのが率直なところかと思います。

勝利した試合の多くは関節技・締め技で一本勝ちしているものが多く、上で述べた「禅道会」でのキャリアが強くファイトスタイルに現れていることがよくわかります。

また過去に一度ライジンへも参戦しており、見事スイスのベスターレ・キシャー選手からチョークスリパーの一本勝ちを収めています。

2017年8月には、あの絶対女王RENAを倒した浅倉カンナとDEEP JEWELSの舞台で対戦しており、惜しくも判定では負けましたが、お互い一歩も譲らない面白い試合を見せてくれました。

今回の対戦相手山本美憂選手も血筋からいって、ちまちまと試合を進めるタイプのファイターではありません。

自分から攻めていく同士の対決なので、その辺りの攻防から目が離せない一戦となるでしょう。

 

今回の対戦カードの素晴らしさ

石岡沙織さん(@saori_ishioka_mma)がシェアした投稿

石岡選手は禅道会のキャリアも入れれば総合格闘技のキャリアがとても長い選手です。

このように総合格闘技のキャリアが長い選手同士の試合はどうしても落ち着いた試合になってしまいがちです。

総合格闘技歴が長い故、どこの部分に力を入れ、どの部分で休憩するかというポイントを分かっているからです。

もし今回石岡選手の対戦相手が同じ総合格闘技歴の長いファイターだったら、ちょっとつまらない展開になっていたかもしれません。

しかし今回の対戦相手は山本美憂選手です。

総合格闘技歴は浅いですが、とにかく一流レスリング選手としてのスタミナ・パワー・反射神経は群を抜いています。

良い意味でも悪い意味でもどんな戦い方をしてくるのか想像のつかない選手なので、ベテランの石岡選手とはいえ試合展開を非常に読みづらいはずです。

山本選手がどんな動きを見せるのかによって試合展開が大きく変わるでしょう。

それがこの対戦カードの一番面白くもあり重要なポイントだと個人的には思います。

来る7月29日のライジン11で石岡選手はどんな試合を見せてくれるのでしょうか?

是非期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です