杉山しずかの戦績と強さの秘密!旦那も格闘家?

Pocket

いよいよ来月に迫った「ライジン11」。

そのライジンによって一躍世間にも浸透した日本の女子格闘技。

その女子格闘技の中でも、これまで業界を引っ張ってきた有名女子ファイターたちが今回のライジン11では対戦するようですよ。

RENA選手や浅倉カンナ選手、そして山本美憂選手などそうそうたるメンバーが参戦を発表していますが、その中でも注目したい試合があります。

それは「中井りん選手vs杉山しずか選手」の試合です。

今回のライジン11、本当に日本の女子トップファイターたちが集まる大会なので、その中に埋もれてしまいそうなのですが、実はこの二人の対戦もとても注目したい一戦なのです。

おそらく二人の名前を検索すればまずみなさんが見たことある、または知っているのは中井りん選手の方でしょう。

女子格闘家ながら写真集を出したり、その奇抜でセクシーな衣装は女子格闘家の中でもアイコンとなっています。

実は今回ご紹介したいのはこの中井選手の対戦相手である「杉山しずか」という選手です。

容姿端麗であり、実は他の女子ファイターと同じく日本のジョシカクを引っ張ってきた選手の一人なのです。

スポンサーリンク

杉山しずか選手の戦績・プロフィール

杉山しずか選手ツイッターより

杉山しずか選手は、1987年生まれ、主に日本で活躍する女子格闘家です。

格闘技のバックボーンは「空手」ですが、その空手を始めたのは意外にも遅く大学生になってから。

「禅道会」という空手団体でそのキャリアをスタートさせました。

プロデビュー戦は2008年のJEWELS。

以後、ずっとJEWELSにおいて実績を積み重ね、JEWELS中量級のエースとして君臨しています。

その端正な顔立ちから、JEWELSのみならず日本の女子格闘技全体を盛り上げ、ここまで注目されるようリードしてきた人物でもあります。

ファイトスタイルについては、空手をベースとしながらもKOなどの打撃によるフィニッシュは意外にも少なく、関節技や締め技によるKO勝利が多いです。

格闘家としてのキャリアを始めた「空手道禅道会」は、日本全国に数ある空手団体・流派の中でも、特に総合格闘技色が強い空手団体で、試合ルール的には、寝技対策により力を入れている団体としても有名です。

杉山しずか選手、実はライジンでの試合はこれが初めてではありません。

2017年年末のライジンにすでに参戦しています。

残念ながら判定負けしてしまいましたが、とても見応えのある良い試合をしてくれました。

ファイトスタイルと強さの秘密

DEEP JEWELSツイッターより引用

日本の女子格闘技を引っ張ってきた団体「JEWELS」。

杉山選手はこの団体で中量級のエースと呼ばれるほど絶対的な地位を築いてきています。

それでは、その強さの秘密・特徴は何なのでしょうか?

まず杉山選手の勝利した試合を見ると分かるのですが、その特徴は

「関節技や締め技,打撃とトータル的にこなす強さ」

「ハートの強さ」

の2つと言えることができるでしょう。

杉山選手の最新のJEWELSでの試合がその際たるもので、判定による勝利ではありましたが、終始杉山選手が相手を圧倒し、試合を制する形の展開でした。

杉山選手は相手が打撃に出てくればパンチでも付き合うし、寝技になれば一本を狙いに行くという、本当に寝ても・立ってもバランスよく攻められるトータルファイターだと思います。

そしてとにかく「勝ち」に対して貪欲な戦いかたをする選手です。

なので試合展開がとてもスリリングで、本当に見ごたえのある試合をしてくれます。

実は今回のライジン11で、中井りん選手の対戦相手は当初、杉山選手ではなく渡辺華奈という選手が有力と言われていました。

なぜなら上記で書いた2017年の年末のライジンに参戦した際、杉山選手はこの渡辺選手に負けているからです。

普通の順番から行けば、女子格闘技の世界ではRENAについで有名な「中井りん」選手を迎え打つのは、渡辺選手が妥当といえるでしょう。

しかしライジンの榊原代表は今回のマッチメークについて、JEWELSにおける杉山選手と渡辺選手の戦いを見てから、中井りん選手の対戦相手を決めると言っていたのです。

恐らくこのJEWELSでの杉山選手の戦い方の方が榊原代表の心に届いたのでしょう。

それもそのはず、判定決着ながら常に攻め続ける杉山選手のアグレッシブさと、根性は誰の目にも訴えるものがありました。

その辺の「心の強さ」は杉山選手の特徴の一つですね。

 

それともう一つ杉山選手の情報としてお伝えしたいのは、杉山選手は既婚者で旦那さんも格闘家ということです。

修斗 やUFCなどを見ていた人には有名ですが中村K太郎選手が杉山選手のダンナさんです。

inspiritさん(@inspirit_japan)がシェアした投稿

ちなみに中村選手はバリバリのグラップラー(寝技)選手

個人的な感想では、女子格闘技は男性のファイトに比べいわゆる横着時間が発生する可能性が高いように感じます。

立った状態で組みついたり、お互いグラウンドで止まった状態が長くなる事が多いので、必然的にグラウンドの練習・テクニック・アドバイスがもらえる「先生」が身近にいるのは、相当杉山選手にとってプラスだと思います。

ぜひライジン11での杉山選手のファイトに期待しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です