那須川天心と武尊。戦ったらたらどちらが強い!?予想してみた!!

Pocket

那須川天心 と 武尊。

 

武尊選手はここ数年負け知らずのK-1のエース!

 

一方の那須川天心選手にいたっては 、プロデビュー以降の全ての試合に勝利している RIZINのエースです。

 

互いに実績、実力ともに優れたファイターであるだけに、一つの疑問が生まれます。

 

那須川天心 と 武尊 いったいどちらが強いのか??

 

そこで今回は、互いの戦績や実力を少し振り返るとともに、この夢の一戦が実現するに至らない経緯、対戦した場合の勝敗予想 などについて、筆者の主観も交えながらお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

両者の戦績・実力を比較

那須川天心

那須川天心さん(@tenshin.nasukawa)がシェアした投稿

 

現在19歳とまだかなり若い那須川天心選手ですが、プロでの戦績は、

 

「30戦 30勝 0敗 24KO勝利(一本勝ちも含む)」

 

その成績もさることながら、すでにベテラン選手並みの試合数をこなしています。

 

スピード、パワーともに優れたファイターで、高いKO率を誇ります。

 

格闘センスも抜群!!飛び膝蹴りやバックスピーンキック ド派手な技を繰り出しながらもそれを見事に命中させて見せるのですから本当に驚きです。

 

現在は、おもにRIZINと KNOCK OUT を主戦場として戦っていますが、ボクシング界やUFCから誘いを受けるなど、10代という年齢にしてすでに日本の格闘技界を代表する存在になりつつあります。

 

武尊

現在26歳と那須川天心選手より7つ年上の武尊選手。プロでの戦績は、

「35試合 34勝 1敗 19KO」

 

1敗を喫しているものの大変優秀な成績!

 

ちなみにこの一敗は、武尊選手のプロ7戦目 2012年6月8日 Krush.19 にて行われた VS京谷祐希 によるものですが、6年も前のこと。以後の試合では、ただの一度の敗北もありません。

 

武尊選手の凄いところは、何と言ってもK-1で3階級制覇を成し遂げているというところです。アンダー55kg級→フェザー級(57.5kg)→スーパーバンダム級(60kg) の三階級に渡って王座を獲得してきました。

 

前蹴り ロー ミドル ハイ と蹴り技も得意にしていますが、非常にパンチの回転が早く、詰め寄ってからのインファイトでの連打を得意としています。

 

また、その実力もさることながら、ルックス面でも注目を集めていて、女性からも絶大の人気を誇る K-1の顔的な存在です。

 

 

那須川天心選手と武尊選手。両者の戦績や実力を少し振り返ってみましたが、上で述べたように、互いに非常に優れたファイター、実力者であることは疑う余地もありません。

 

この2人の対戦が実現すれば、日本の格闘技界が盛り上がることは間違いないはずなのですが・・・・

スポンサーリンク

この夢の一戦が実現するに至らない経緯

那須川天心VS武尊

 

この2人の対戦は、ここ数年、格闘技ファンの間でずっと熱望視されている一戦。また、ファンだけでなく、双方の選手共に戦う意思はあるようです。

 

しかし、未だに実現どころか、その兆しすら見えてきません。なぜなのでしょうか??

 

その理由は、K-1オーナー の存在による部分が大きいようです。

 

那須川天心選手は、昨年末の RIZIN KICK ワンナイトトーナメントで優勝を飾った際もそうでしたが、これまでに再三 K-1王者の武尊選手に挑戦状を叩き付けてきました。

 

しかし、この挑戦状に対してK-1サイドは思いもよらぬ反撃に

 

「K-1ならびに、武尊選手のイメージがダウンし、スポンサーが離れた」

などを理由に損害賠償請求!!

 

挑戦状を受けるもしくは拒むならまだしも、損害賠償請求でこたえるという対応は格闘技界では異例中の異例。

 

K-1はある種新たな歴史をつくったのかもしれませんw

 

この裁判の結果がどうなったのか現時点では分かりませんが、K-1サイドは自ら行ったこの一連の行動によりイメージを大きく下げることに繋がってしまったかに思われます。

 

これじゃあ武尊選手もかわいそうです。

 

もう少し選手やファンの思いを考えた行動を取って欲しいものですね。

 

対戦したら勝つのはどっち!?

那須川天心VS武尊・・・この一戦が実現する可能性はかなり低いように思われますが、もしこの2人が戦った場合、いったいどちらが強いのか!?私個人の主観を交えながら勝手に勝敗予想をしていきたいと思いま~す!!

 

 

武尊選手 の繰り出す攻撃はその多くが、距離を詰めてからの パンチや蹴りで、アウトレンジからの攻撃はおもにジャブや前蹴りです。

 

一方の那須川天心選手は、飛び膝蹴りや前蹴りはもちろん、ジャブのみならずフックやアッパーも リードパンチとして繰り出すことができ アウトレンジからの攻撃のバリエーションが実に多彩。その上、出入りのスピードも尋常じゃありません。

 

これらのことから、距離を取ってのアウトレンジでの戦いや、ジャブやローで組み立てて互いにキレイに戦おうものなら、那須川天心選手に十中八九 軍配が上がることでしょう。

 

そのため、武尊選手が勝つには、はいつものようにガンガン前に出て、なおかつ、インファイトのぐちゃぐちゃした展開に持ち込むことがベストのように思われます。

 

かと言って、那須川天心選手も インファイトでの戦いは大得意!昨年末の藤田大和選手からTKO勝ちした試合などは那須川天心選手のインファイトでの強さが現れたいい例です。

 

以上のことから、互いに高いKO率を誇るとはいえ、10回やったら悪くても7・8回は那須川天心選手が勝つのでは・・・と私は思っています。

 

 

那須川天心VS武尊

 

数年の間に・・・とはいかないでしょうが、いつの日かこのドリームマッチが実現する日がくるといいですね!!

那須川天心と武尊と井上尚弥、もし試合したら誰が一番強い?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です