ライジン13  山本美憂vsアンディ・ウィンを徹底予想

Pocket

今回のライジン13では、どうしても男子軽量級の頂上決戦「堀口vs那須川」戦ばかりに目がいきますが、実はライジンでは女子格闘技部門も男子以上にターニングポイントに差し掛かっているのです。

女子ライジン格闘技の絶対女王であったRENAが新進気鋭麻倉カンナに二度敗戦することで女王の座は麻倉選手に完全に移行、現在この麻倉選手へ向け次に挑戦するのは誰なのか?

そんな、ギリギリの攻防が続いているのです。

そんな中女子ライジン格闘技の注目のリベンジ戦がライジン13で行われます。

それは「山本美憂vsアンディ・ウィン」の一戦です。

今回はこの一戦について語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

まずは試合予想へ行く前に、簡単な両者の紹介をしたいと思います。

山本美憂のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

拓矢(リル拓)さん(@little_takuya)がシェアした投稿

それでは先に山本美憂選手から。

山本選手は1974年生まれの現在総合格闘家で、元々はレスリングで世界選手権を何度も制す、レスリング界の超超エリートでした。

本人だけでなく家族の経歴も豪華そのもの、知る人ぞ知る「山本KID徳郁」を弟に持ち、父はミュンヘンオリンピック出場のレスリング選手。

さらに妹には野球のダルビッシュ選手の嫁としても有名な山本聖子で同じくレスリング世界王者です。

言ってみれば超格闘エリート一家なのです。

しばらくレスリング選手一本でキャリアを積んで来ましたが、弟山本KIDの影響もあり、2016年ライジンで総合格闘家としてデビュー。

ちなみにライジンでは現在2勝3敗の成績を収めています。

アンディ・ウィンのプロフィール

 

View this post on Instagram

 

Andy 💋 The CrAsian™さん(@andythecrasian1)がシェアした投稿

続いて、アンディ・ウィン選手の紹介にいきたいと思います。

アンディ・ウィン選手は1982年生まれアメリカ出身の総合格闘家です。

格闘技のキャリアはムエタイでスタートし、総合プロデビューは山本選手と近い2015年。

その後KOTC(キング・オブ・ザ・ケージ)と呼ばれるアメリカの格闘技団体で実績を積み、2016年大晦日よりライジンへ参戦しています。

KOTC(キング・オブ・ザ・ケージ)はアメリカで規模はUFCより小さいものの、ここで女子アトム級のチャンピオンに輝いています。

ファイトスタイルはキャリアの圧倒的時間を占めるムエタイ仕込みの打撃中心となりますが、ライジンデビュー戦となる前回山本美憂戦では見事「腕ひしぎ逆十字」で一本勝利を収めています。

総合格闘家としてのキャリアはほぼ同じだが、格闘技(ムエタイ)の実績・経験ではアンディ選手に分があると言えるかもしれません。

スポンサーリンク

気になる試合展開、試合予想

 

View this post on Instagram

 

RIZIN FF OFFICIALさん(@rizin_pr)がシェアした投稿

リベンジ戦となる今回の一戦ですが、試合内容に大きく影響するある出来事が一点有ります。

それは山本美憂選手側の方なのですが、弟・山本KID徳郁選手の死です。

 

View this post on Instagram

 

拓矢(リル拓)さん(@little_takuya)がシェアした投稿

本当に一格闘技ファンとして、悲しいことかもしれませんが事実として受け入れなければなりません。

格闘技というのは(スポーツ全般にも言えますが)、技術や体力もさることながら「メンタル」の部分が大きく選手のパフォーマンスに影響することが多々有ります。

どれだけのモチベーションで猛烈な練習をこなし、試合本番に向けて気持ちを作っていくかというのは、むしろ本番の試合以上に大切なプロセスです。

9月30日の本番から2週間前のこのタイミングでの訃報は、美憂選手のメンタルにとって大きな影響を与えることは避けられません。

しかしここをプラスに変え、弟の為に戦うという気持ちの切り替えが美憂選手にとっては大事になってくるのではないでしょうか?

是非、プラスに変えてこの一戦に臨んで欲しいものです。

 

それでは、今度は具体的な技術的な試合予想にいきましょう。

まず山本選手が注意すべきはアンディ選手の打撃です。

アンディ選手の打撃は飛び込みが非常に早いですし、かなりリーチが長いです。

うかうかしていると距離をとった状態でもパンチが飛んでくるので、この打撃をいかにかい潜りタックルに入るかが山本選手にとっては重要です。

そしてここからが一番重要なのですが、この試合はいわゆるリベンジマッチで前回山本選手はこのタックルでテイクダウンを取るまでは良かったのですが、その後下からの腕十字によってアンディ選手に敗れています

同じ轍を踏まないことが、重要です。

下からの関節技対策をみっちり練習してきたか、あるいは徹底的な「パウンド」で技をかける隙を与えないようにするか、とにかくテイクダウンしてからの山本選手の攻め方が重要になります。

 

また山本選手としては44歳という年齢もネックになります。

試合が長引けば不利なので、なるべく2Rの中盤までには勝負を決めたいところです。

総合の試合では試合が長引くほど、打撃が強い方が有利になります。

ズバリ今回の試合予想は6対4で山本選手の勝利と予想します。

精神力の強い山本選手ならきっとこの逆境を逆に「力」に変えてくれるはずです。そう信じます。

是非ライジン13  アンディ・ウィンvs山本美憂戦に期待しましょう!

スポンサーリンク

【関連記事】

山本美憂の戦績と強さの秘密

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です