コナー・マクレガーの次戦、ハビブ・ヌルマゴメドフ戦を徹底予想!!

Pocket

今回紹介するのは、従来の格闘家のイメージを覆すオシャレな髪型やファッショナブルなスーツに身を包み、会見で見せるトラッシュトークで試合前から周囲を大いに盛り上げるなど、そのカリスマ性で瞬く間に総合格闘技界で最も成功した男にまで上り詰めたコナー・マクレガー選手です!!

 

2017年にボクシング界のスーパースター、フロイド・メイウェザー選手と世紀の異種格闘技戦がボクシングルールで行われ、敗れはしたものの世界中の格闘技ファンを大熱狂させた事は記憶に新しいですが、2018年にUFCの選手たちを乗せたバスを襲撃して怪我をさせ逮捕される前代未聞の大事件を起こしてしまいました。

 

そんな良くも悪くも話題に事欠かかないコナー・マクレガー選手の次の対戦相手に抜擢されたのがハビブ・ヌルマゴメドフ選手です!

 

かつてコナー・マクレガー選手が保持していたUFC世界ライト級王座のタイトルを現在保持しているハビブ・ヌルマゴメドフ選手は、総合格闘技史上最も長い26戦26勝の無敗記録を未だ更新中のとんでもなく強い選手です!

 

まだ会見を行っていないにもかかわらず、この二人の対戦はすでに多くの注目をあつめており、対戦が予定されているUFC229のチケットは販売開始からわずか3分で売り切れるなどその期待度の高さがうかがえます!

スポンサーリンク

コナー・マクレガーのプロフィールとこれまでの戦績

1988年7月14日生まれのアイルランド出身でバックボーンはボクシング、柔術、ジークンドー、カポエイラ、空手など多彩な格闘技経験があります。

 

独特な間合いとステップから繰り出されるボクシング仕込みの強烈なパンチや、カポエイラや空手の影響を受けたトリッキーでアクロバティックな回転系の蹴り技を武器にアグレッシブで見る人を楽しませるトップファイターです!

 

2008年にプロデビューすると主にイギリスの総合格闘技団体CWFCで活躍し、2012年に第4代CWFCフェザー級王座と第6代CWFCライト級王座の二階級王者に輝きました!

 

しかしその暮らしはなかなか良くなることはなく、当時は日本でいう生活保護にあたる福祉手当をもらいながら生活していたそうです。

 

その後、UFC参戦のチャンスを得るとここからはその暮らしぶりが一転してスターダムを駆け上がることになります。

 

UFC参戦後は着実に勝ち星を重ね、2015年に行われたUFC189でケガで欠場したジョゼ・アルド選手に代わってフェザー級ランキング1位のチャド・メンデス選手に勝利し暫定王者となります!

改めておこなわれたジョゼ・アルド選手とのフェザー級王座統一の一戦でも1ラウンド開始13秒でKO勝利をおさめ、見事UFC世界フェザー級王座を掴みとることに成功しました!

 

続くUFC196ではUFC世界フェザー級王者として初の防衛戦を行いますが、王者有利と思われていた一戦で対戦相手のネイト・ディアス選手にまさかのリアネイキッドチョークでタップアウト負けを喫してしまいます。

 

負けたものの、この試合のファイトマネーは100万ドルを越え、純粋なファイトマネーだけではUFCで初めて100万ドルを越えた選手となりました!

 

さらに再びUFC202でネイト・ディアス選手と再戦すると、今度は判定までもつれ込む熱戦を演じて勝利を手にし、前回を上回る300万ドルのファイトマネーをもらいUFC史上最高額を更新しました!

 

コナー・マクレガー選手の活躍はこれだけにとどまらず、一階級上のライト級王者のエディ・アルバレス選手に挑戦するとなんとTKO勝利をおさめ、UFC世界ライト級王座も獲得しました。

これにより見事二階級制覇を達成し、UFC史上最高のビッグファイターに成長しました!

 

 

メイウェザーとの世紀の一戦やバス襲撃事件とは?

UFCですべてを手にしたコナー・マクレガーが次に挑戦したのが、一度は現役を引退したフロイド・メイウェザー選手とのボクシングルールでの異種格闘技戦です!

 

ここでも得意のトラッシュトークで試合前から大いに盛り上げますが、やはりボクシングルールで元世界チャンピオンを相手にするのは分が悪く、結果は10ラウンド目にTKO負けしてしまいます。

 

しかし一度は引退していたフロイド・メイウェザー選手の引っ張り出し、競技の垣根を越えた夢の対決を実現させて世界中のファンを大いに盛り上げたコナー・マクレガー選手のエンターテイナーぶりは高い評価を受けました!

 

さらにこの試合のファイトマネーは破格の3000万ドルともはや世界の億万長者と肩を並べるまでに成長しました!

これにペーパービューといわれる有料放送の収益も含めると、もう試合をしなくても十分生活していけるくらいの荒稼ぎをしたとと言えるでしょう!

 

2018年、そんなコナー・マクレガー選手がバス襲撃事件を起こしたとのショッキングなニュースが流れました。

 

理由ははっきりとはしていませんが、ライト級王座を剥奪された腹いせに襲撃したと言われたり、コナー・マクレガー選手のチームメイトとハビブ・ヌルマゴメドフ選手との間のイザコザヘの報復などさまざまな憶測が流れています。

スポンサーリンク

対戦相手のハビブ・ヌルマゴメドフとはどんな選手?

 

View this post on Instagram

 

Khabib Nurmagomedovさん(@khabib_nurmagomedov)がシェアした投稿

対するハビブ・ヌルマゴメドフ選手とはどんな選手なんでしょうか?

 

かつて人類最強と呼ばれたヒョードル選手と同じロシア出身で柔道、サンボ、レスリングのバックボーンがあり、2018年9月現在で26戦26勝と無敗記録を更新し続けています!

 

寝技が非常に強い選手で、一度テイクダウンすると相手に勝ち目が無い程、グラウンドでのコントロールに長けており非常に堅実な試合運びを得意としています。

 

現在デビューから無敗でUFC世界ライト級王座を獲得する快挙を達成していますが、強豪選手の相次ぐ欠場で対戦相手にやや恵まれていた面もあり、今回の対戦はハビブ・ヌルマゴメドフ選手の真の実力が問われる一戦でもあります。

果たして二人の勝敗の行方は!?

打撃のコナー・マクレガー選手に対して、寝技のハビブ・ヌルマゴメドフ選手と対照的な二人ですが、勝利するのは果たしてどっちの選手でしょうか!?

 

今回の対戦はズバリ......コナー・マクレガー選手が勝利すると思います!!

 

トレーニングを積んでいるとはいえブランクの長さがやや心配ではありますが、彼には総合格闘技界の頂点まで上り詰めたここ一番の勝負強さがあり、この部分はまだ衰えていないでしょう!!

 

スタンドの展開ではやはりコナー・マクレガー選手に、グラウンドではハビブ・ヌルマゴメドフ選手に分があると思いますが、もしコナー・マクレガー選手がハビブ・ヌルマゴメドフ選手にテイクダウンを許してしまった場合はトップキープされ判定負けする可能性が高いので、勝敗の行方はコナー・マクレガー選手のテイクダウンのディフェンス能力がポイントになるではないでしょうか。

 

そんなUFC229ですが、記者会見も含めて楽しみな一戦になりそうです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です