ジョルジュ・サン・ピエールの戦績と強さの秘密

Pocket

現在、名実ともに押しも押されぬUFCのトップスター選手といえばコナー・マクレガー選手ですが、それ以前のUFCのトップスター選手といえばやはりこの男、ジョルジュ・サン・ピエール選手でした!

 

ジョルジュ・サン・ピエールの頭文字から「GSP」の愛称で親しまれ、その実力やルックスから母国カナダでは英雄として扱われるなど、UFCの初期から中期にかけて大活躍しました!

 

当時、まだ総合格闘家として完成された選手が少なかった時代に、打撃や寝技共に穴がなく総合格闘家として極めて高いレベルを持ち合わせた初めての選手として長らくパウンドフォーパウンドとして君臨してきました。

 

近年は健康上の問題からあまり試合を出来ていないため、最近総合格闘技を好きになったファンのなかには、名前は知っているがどんな選手か詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、そんな偉大なレジェンドファイター、ジョルジュ・サン・ピエール選手について詳しく紹介しようと思います。

スポンサーリンク

プロフィールとファイトスタイルは??

 

View this post on Instagram

 

Georges St-Pierreさん(@georgesstpierre)がシェアした投稿

ジョルジュ・サン・ピエール選手は1981年5月19日生まれのカナダ出身の総合格闘家です。

180cm84kgながらリーチが193cmと恵まれており、長いリーチを活かした打撃を得意としています。

 

バックボーンはフルコンタクト空手、レスリング、ブラジリアン柔術など打撃だけではなく総合格闘技に必要な技術をバランスよく習得しています。

 

ファイトスタイルはバックボーンのフルコンタクト空手やレスリング、ブラジリアン柔術を活かしながら、チャンスと見るや一気に畳み掛ける爆発力のある打撃を得意としています。

 

さらに打撃だけではなく、テイクダウン能力にも長けており倒してからの寝技もうまく、これといった欠点の少ない選手です。

 

また日の丸に必勝と書かれたハチマキをつけて入場するなど、空手の影響から日本好きの選手としても知られています。

 

幼い頃はひどいいじめにあっていましたが、護身の為にフルコンタクト空手始めたのがキッカケで格闘技の世界に足を踏み入れ、その後はフルコンタクト空手のみならず様々な格闘技を学ぶことになります。

 

世界王者から長期休養へ

そんなジョルジュ・サン・ピエール選手ですが2002年に総合格闘家としてプロデビューを果たすとデビュー戦で初勝利を飾ります。

その後も順調に勝ちを重ねていき、2004年にUFCデビューを果たします。

 

こちらも初戦を判定勝利で飾ると、その後はUFC初期のスター選手、BJペン選手に勝利するなどの活躍をみせ、2006年には遂にUFC世界ウェルター級王者のマット・ヒューズ選手と対戦します。

 

この二人は以前も対戦しており前回は惜しくも敗れたものも、今回は見事勝利を収め、初めてのUFCでのタイトルを獲得しました!

 

その後、一度は王座陥落するも再度王座獲得に成功し、ここからなんと9度も王座を防衛するなどの中量級のスター選手として一時代を築きました!

 

しかし9度目の防衛をしたあとに突然休養を発表し、それ以来表舞台から姿を消しました。

スポンサーリンク

復帰から二階級制覇まで

 

View this post on Instagram

 

Georges St-Pierreさん(@georgesstpierre)がシェアした投稿

2017年、ついに長い休養期間を経て約4年ぶりに復帰することが決まり多くのファンが注目を集めました!

 

休養中に体も一回り大きくなったジョルジュ・サン・ピエール選手は、以前より一階級上となる世界ミドル級タイトルマッチでマイケル・ビスピン選手に挑戦します。

 

View this post on Instagram

 

Mikebispingさん(@mikebisping)がシェアした投稿

試合はジョルジュ・サン・ピエール選手のブランクが懸念されましたが、体も一回り大きくなり復帰に向けてしっかりトレーニングしたことがわかる安定した試合運びを見せ、最後はリアネイキドチョークで見事勝利し、当時UFC史上4人目となる2階級制覇を達成しました!

 

以前のような勢いに任せ試合展開ではなく、技術を重視した試合運びにベテランになってもまだまだ成長を感じさせてくれる一戦になりました!

 

しかし、残念ながらこの試合のあとにまたしても健康上の問題を理由にミドル級王座を返上しています。

強さの秘密と今後の展開は??

そんなジョルジュ・サン・ピエール選手の強さの秘密は何なのでしょうか?

やはり総合格闘技に大切な「打・投・極」を極めて高いレベルで備えており、これといった穴がないところがジョルジュ・サン・ピエール選手の一番大きな強さの秘密だと思います!

 

復帰戦では勝利後のインタビューで賢さや技術の重要さを語ったように、これからもっと年齢による体力の低下に左右されにくい寝技の技術をあげていけばさらに選手として円熟味を増していくこと間違いないでしょう!

 

今後の展開ですが、まだ健康上の問題が残っておりすぐにというわけにはいきませんが、体調が良くなればタイトルに向けて挑戦することは間違いないでしょう。

 

さらに先日コナー・マクレガー選手を撃破したハビブ・ヌルマゴメドフ選手もジョルジュ・サン・ピエール選手の試合が噂されています。

今後はふたたびミドル級タイトルを狙いに行くのか、それとも再度ウェルター級タイトルに挑戦するのか、もしくはハビブ・ヌルマゴメドフ選手が持っているライト級タイトルに挑戦し、UFC最多となる3階級制覇となるのか!?

 

いずれにせよそんなジョルジュ・サン・ピエール選手の今後の展開が楽しみです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です