スティペ・ミオシッチの戦績と強さの秘密

Pocket

現在、総合格闘技界で世界をリードしている団体といえばUFCですが、そのUFCの最重量の男達が集まるヘビー級の王者として最多の3度の防衛記録を誇るのが、スティペミオシッチ選手です!

 

ヘビー級は中軽量級よりも一発のパンチの破壊力が桁違いのため、一発逆転の試合展開が多くなる傾向があり、王座を防衛するのが一番難しい階級でもあります。

 

残念ながら前回のタイトル戦でダニエルコーミエ選手に負けてしまい、4度目の防衛とは行きませんでしたが、絶対王者が生まれにくいヘビー級でにおいて3度も王座を防衛したミオシッチ選手の記録は高い評価を受けています!

 

今回はそんなミオシッチ選手の戦績や強さの秘密について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

スティペミオシッチのプロフィールと戦績

Stipe Miocicさん(@stipemiocic)がシェアした投稿

アメリカ合衆国のオハイオ州ユークリッド出身の35歳でストロングスタイル・ファイトチームに所属しています。

 

派手な生活を好まない非常に堅実な性格で知られており、高額のファイトマネーを稼ぐ現在でも普通の生活を好んでおり、週に2回はパートタイマーとして消防署に勤務しています。

 

193cm111kgでバックボーンはレスリングとボクシングです。

 

精度、破壊力共に抜群の打撃を武器とするストライカーで、ヘビー級には珍しく豊富なスタミナを持ち合わせており、最後まで相手を追い込みパウンドで相手を仕留める戦い方を得意としています。

 

またレスリング出身でグラウンドも強く、これといった欠点が見当たらないため万能型の選手ともいえます。

 

戦績は18勝3敗でKO勝ちは13回を記録しています。

 

獲得タイトルはNAAFSヘビー級王座と第19代UFC世界ヘビー級王座のタイトルを獲得しています。

 

高校時代は身体能力の高さを武器にレスリングに野球、アメリカンフットボールで活躍しました。

 

そんなアスリートとして非凡な才能を持ち合わせる彼ですが、たまたま仲間の総合格闘技の練習に付き合いった事がきっかけでそこから総合格闘技の世界に足を踏み入れました。

 

2006年にアマチュア大会に出場すると見事勝利を収めます。

 

さらにその後もボクシング試合に出場し、好成績を収めるなど着々と実力をつけ、2010年ついに総合格闘家としてプロデビューすると初勝利で順調な滑り出しとなりました。

 

そこから無敗のまま、あっという間にNAAFSのヘビー級王座のタイトルを手にしました!

 

2011年に満を持してUFCに参戦するとそこから3連勝しますが、ステファンストルーフェ選手に敗北し、デビュー以来負けなしだったミオシッチ選手についに黒星がつきます。

 

しかし翌年、グラップリング界の強豪ロイネルソン選手に勝利すると、惜しくもジュニオールドスサントス選手に負けたもののマークハント選手やアンドレイアルロフスキー選手などの強豪を次々と撃破!

 

ついに念願だったタイトル戦のチャンスを掴みました!

 

UFC王座獲得からから王座転落まで

2016年に当時のヘビー級王座のファブリシオヴェウドゥム選手に挑戦します!

 

試合は前に出てくるヴェウドゥム選手に対し、バックステップで後ろに下がりながら相手のアゴに見事に右ストレートを打ち込み、衝撃のKO勝ち!!

 

これで念願だったUFC世界ヘビー級王座の称号を手に入れました!

 

その後はベルト狙いに来たアリスターオーフレイム選手やジュニオールドスサントス選手にパウンドでTKO勝ち。

 

フランシスガヌー選手には判定勝ちを収めUFCヘビー級の防衛記録の3度に更新しました!

 

そして2018年、ヘビー級最多の4度防衛記録を目指して1階級下のライトヘビー級王座のダニエルコーミエ選手と対戦します。

Daniel “DC” Cormierさん(@dc_mma)がシェアした投稿


下馬評では身長やリーチで勝るミオシッチ選手の有利と言われていましたが、見た目以上に動きが早く圧倒的なパワーを誇るダニエルコーミエ選手に苦戦し、組み付かれ際にエルボーでダウンしてしまい、まさかのKO負けで王座陥落してしまいました。

スポンサーリンク

強さの秘密と今後の展開

ダニエルコーミエ戦の試合後のインタビューで、今後については娘が生まれてから考えたいと話しています。

 

すでにジュニオールドスサントス選手が再戦を要求しており3度目の再戦もあるかもしれません。

王座奪還に向けて始動する日もそう遠くないでしょう!

 

そんな彼の強さの秘密とはなんでしょうか!?

Stipe Miocicさん(@stipemiocic)がシェアした投稿

卓越した打撃テクニックやアスリートとしての能力の高さは言うまでもありませんが、1番の強さの秘密はその謙虚で誠実な性格ではないかと思います!

 

その誠実な人柄は同業者からも高く評価されています!

 

意外に思われるかもしれませんが、派手で華やかな選手が多くいる世界で最後に勝つ人って結局コツコツ謙虚にやれる人なんです!

 

今後も変わりなく消防署の仕事も続けるでしょう。

 

成功を収めてもなお、驕ることなく普通の生活を好むそんな彼だからこそ、多くのファンから愛されるのではないでしょうか?

 

そんないつもと少し違う視点からから選手を見て見ると、格闘技がさらに面白くなるかもしれません!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です